2013年02月

おはようございます~~。。


それでは……書きたいと思います。。


昨日は……みんな元気に稽古してましたね。。


空手はね……

ひと冬越せば……強くなります。。


寒い中……稽古をほとんど休まずに来ている君たちは……

確実に強くなってますね。


ミット打ちなんかでも……

はじめの頃は……2人ペアでさえも出来んかったんが……

今では2人で何とかミット打ちが出来るようになってきて……

少し難しいんも指導出来るようになった気がします。


特に昨日は……ミット稽古を多めにやりましたね。

まだ少し難しいかな……ってミット打ちも……やれてましたよ。


昨日は……ミクががんばってました。。

ほとんど保護者の所に戻らず……
頑張って稽古が出来てました。

成長ですね~。


風船キックはどうやった?

上手く蹴れたかな?

ミット打ちは……自分の1番得意な距離で蹴れるけど……実際は中々、相手はその位置にいてくれません。

動く目標に対して、しっかり間合いをとって、しっかり蹴り足をコントロールして蹴る練習ですね~。。


みなさん……よく頑張りましたよ。。

少し……強くなりました。。

また……積み重ねて行きましょう。。


おしまい。。。

おはようございます~~。。


昨日の事になりますが。。。


昨日は仕事が休みやってさ……


やっぱ……また食いたくなったと言いますか……

あんときは……当分いらんと言ってたが……


イメージ 1

また…食いたくなるんスよねぇ~。

苺。。



昨日は……内子に行きました。


イメージ 2

イメージ 3


中は……広いのよねぇ~。。

ここはハウスをひとつひとつ回らなくても大きいハウスひとつなんで……
移動が楽でした。。

種類も結構ありました。。。


イメージ 4

イメージ 9

イメージ 5

美味い……としか書けん。。


イメージ 6

イメージ 7

なんやしらんが……書きよったな。。


イメージ 10



これ……わかります?

これでもう食べれるんやって。。

ハウスの人が持って来てくれた。。。


桃薫(とうくん)というイチゴです。


桃と書いとるだけあって……
ほんと……ちょっと桃のニオイがした。。

味も……桃っぽいイチゴやった。


ほんと……美味かったな。。

1時間ちょっとは食べてたかな。。。



イメージ 8

ハウスのすぐ外には……手作りの公園があって……時間を持てあました子供はここで遊んで……またハウスに戻ってきてイチゴを食ってた。。


バトミントンとかフラフープ、縄跳びなんかも置いてて……
むすことやったりした。。。


とてもいい所でしたよ。。




今度は夏、ぶどう狩りでお世話になろうかしらね。。



今度こそ……


当分、イチゴはいらんでぇ~。。。



おしまい。。

おはようで……ござる!!



がはははっ。。


よう書きますなぁ~。。


我ながら感心しますわぁ~。


どこまでやった??


ああ……


毛利さんが降伏勧めて……

足立さんたちが、それに応じるために時間ちょ~だいって言ったとこまでか。。


実は……


みなさん、もうお気づきやと思うけど……

この降伏……


時間稼ぎの、いわゆる虚報ってやつなんよね。。


逃げ出す村人達にも徹底して情報操作。。


村人:

「もう、いかんわ。城の守備隊はほとんどおらんし……武将の佃さんは病気で寝込んでるし。。
もう……城内は……お通夜みたいですわ~」

みたいな。。


当然、脱出した村人がそんな事を盛んに言ってれば……


毛利さん達の耳にも入るわいねぇ~。。



毛利軍:

「はい!100%勝った~!イエ~イ」

そんな空気に包まれたんかな~。


9月18日。。。。。


その夜……


実はやる気マンマンで足立さんたちは出陣したんです。。


松前から……古三津までは直線で約8キロ。。

甲冑着た兵やったら……どれ位かな……3時間くらいやろか。。


どの道を通ったんやろ。


垣生の前の道通ったんかな?

ってか……昔はどこにどんな道があったんやろか?


なんかの文に……

「江戸山をぬけて……」

みたいなんがあったんで……


総合公園の所の山を超えて軽井沢下りて別府、山西あたりに出たんかな?……それとも愛光高校の方から衣山の方に行ったんかなぁ?

まあ、どっちにしろ……古三津はすぐ近くやわいねぇ~。


そんなんにも興味が湧く。。


兵達も……緊張したやろなぁ~。


空手の試合でさえ……試合前には何回もションベン行くのに……


こんな……命がけの戦。。

しかも負けたら……嫁も子供も殺されるかもしれん。。


そんなん。。


想像しただけで……ブルブルくるな。。




かたや……


相手は……

もう勝った気でおったんかなぁ~。。


圧勝ムードの時は、みんな勝った後の事考えてるよな。。


武将達は……

「おっしゃ!終わったら、嫁にはエルメス買おて~。。んで、ワシは……ロレックスとレクサスでも買おてドライブ行こかのぉ~」

兵士達は……

「終わったら……ボーナスもらえるけん……ネェちゃんとこ飲みに行こで~」

みたいに……考えとったかもな。


そして………



多分……


油断しきってたであろう三津浜の毛利&河野軍に……


足立さんや佃さん達が……


夜襲をかけたそうな。。


四方に火をつけ……


死にもの狂いで突っ込んだ。。


毛利さん達は多分……不意をつかれて混乱したかなぁ~。。


数に勝っとるとはいえ……


勝ったあとの事を想像してニヤニヤしよるヤツらやけん……(想像)


もちろん死にたくないよね。


そう思う兵は……勇敢じゃなくなるよな。命が惜しいんやけん。


一方……


松前の兵達は……


たぶん……


負けたら、嫁や子供もどうなるかわからん。。って感じやけん……

腕の一本、失ってもやっちゃるでぇ~~!!

って感じかな。。


私でも……嫁、子供が危険にさらされるんやったら……そういう気になるな。。


むこうは……

死ぬんはおろか……腕を失ったらロレックスつけれんがな~って思っとるわけやけん……

不意をつかれ劣勢になれば崩れるんも早いかなぁ~。。


この戦いで……

毛利軍は多数の死傷者と武将を失って敗走したそうな。。


そんで……


古三津から……久米のお寺(如来寺とあるが如来院の事か?)に逃げたらしい。。


しかし……


そこにも勢いにのった足立さん達はやってきて……またもや敗走に追い込む。。


そっから……

畑寺あたりでも戦闘があって……


敗走して……


奥道後に退却して……


そのまま……

北条にぬけて……

風早から舟で広島に退却した……

と読みました。。


この戦いで……佃さんも大怪我したとか。。(如来寺では毛利軍の抵抗が激しかったみたい)


この手柄で……


足立さん、佃さんは……

大幅給料UPとなりまして……


家老になったんったかな~。。


松前城のボスの加藤さんも……


東軍の徳川さんについて……


見事に勝利を収め……


知行を、そうとう増やしたらしい。。



いやぁ~~歴史って素晴らしい。。


400数年前……この近所で、こんな戦いがあったなんて……

もしかして……

私の先祖や……友達の先祖が……

命がけで戦ってた……とか思えば………


胸熱やな。。。




*この記事はあくまで、私が読んだり調べたりしたんで……間違ってたりしてるかもしれませんし

文献には、この戦いは佃さんの活躍がいっぱい書かれてました。
ただ、佃さんは…信長の野望には出てこんのよねぇ~。。

足立さんも留守役としてこの戦いに参加したんは間違いないと思います。。。たぶん。




以上……長文失礼つかまつった。



おしまい。。。

こんばんは~~。。


ただいま……お疲れぎみですが……


書きますよ。。


稽古日誌を。。。


今日は……ビックミットの日。

稽古時間、すべてビックミット。


3分15ラウンド。。

1人1時間のメニュー。。

スタミナ稽古ってやつですわ~。。。


イメージ 1

イメージ 2


まあ、これやっとかんと……

試合に出るんは不安になるんよね。

試合に出る選手は……みんな気合い入っとったね。。


私もヘロヘロですよ。。もう……


イメージ 3

この稽古の後は、グローブしてても
正拳が剥けます(>_<)

まあ、そんだけ……左の突きを多用しとるって事かな。。


あ~~、これ風呂でしみるんよな(笑)


みなさん……


よく頑張りました。


おつかれさんでした。。

「い…一大事でござるぅぅぅ!!!」



と。。。


ここからやったかな?


なんか……

書いてたら長文になりそうなんで。。

空手関係者や歴史に興味ない人はスル~して下さいね^^;



では……


留守番で松前城を守っていた足立さん佃さんの元に早馬が駆け込んできた。


足立さん:

「な、なんと!
広島の毛利さんが河野さんと一緒になって攻めてきただと!!」



日本のボス、豊臣さんが亡くなって……天下分け目の大戦の混乱に乗じて……


海の向こうの大都会……広島から毛利さんが攻めてきたんです。。


ちなみに……毛利さんは関ヶ原の戦いでは西側の石田さんについています。。

だから……東側についた加藤さんとこ攻めてきたんかなぁ~。。


いわゆる。。。


「伊予の関ヶ原」って呼ばれるてる戦い。


毛利さんからしたら……


「加藤のヤツ、東側につきやがって、気に入らん!ちょうど、勇将の加藤は関ヶ原に行っておらんし松前城攻めて奪っちゃるけんね~」

って感じか。。

んで……

攻めるにあたって……


もともと豊臣さんが日本のボスになるまで、この辺りのボスやった河野さんを抱き込んで攻めてきた。。


河野さんも、ちょっと前まではこの辺でブイブイ言わしよったのに……

豊臣さんがエラなって……

急に


豊臣さん:

「河野……お前クビな。。今日から加藤嘉明がこの辺のトップになるから」


と言われたわけよ。。

河野さん:

「そんな事いわれても……いままで贅沢しよったのに生活レベルおとせんで~」

みたいな感じで不満溜まっとったところに……


大都会 広島の毛利さんから



毛利さん:

「河野くんよ…ワシも兵いっぱい出して応援したるけえのぉ、お前も兵集めて加藤倒さんか?腹たっとるやろ?」(達川風で)


河野さん:

「……!!」


これは……多分やけど……

そうとう魅力的な話やったと思う。


私が河野さんやったら……

「千載一遇のチャンスや!これ逃すようじゃ男やない!」

って話に乗るやろなぁ~。。


河野さんからしたら……勝てる見込みはそうとうあったと思う。。


いろんな資料やネットで調べると……

その時の毛利さんと河野さんの兵数は3000人やったと。。


かたや……

松前城の守備隊は。。


これは……ようわからんけど……


加藤さんは関ヶ原の戦いに松前から手勢、約2500人~3000人を連れて参戦したと書いてました。。


想像ですが……

守備隊に2割残しても……

500人くらい?

資料には、寡兵と書いとったんで……
もっと少ないかもしれんな。。


そして……これも多分やけど。。


大一番の関ヶ原には……松前の中でも、腕っぷしの強いガタイのええヤツを兵として連れてったと思う。

ヒョロヒョロな兵を連れていったら
よその県のやつに……


「おい!加藤んとこの兵はなんじゃ!
ちゃんと飯食いよんかのぉ~!わはははは!」

とか言われそうで。。

やっぱ、そこそこ見栄えのええガッチリした兵を揃えていったと思うんよね。


それらを差っ引いて残った兵、約500人。。として考えて行きます。


500VS3000。。


松前の兵は単純に1人で6人倒さんといかん。。


わたくし……空手を少々、たしなんでおりますが……

6人を倒すシュミレーション。。

まあまあ……難しい。。

中に1人でも腕立つやつがおれば……
そうとうやな。。。


武道やってる私でもそう思うので……
農民兵やったら尚更……ムズいと思われる。。


そうこうしてるウチに……

毛利さんは……

興居島までやってきて……


いつでも三津浜に上陸できるように構えてます。。


そこで……


毛利さん達は……


松前城に籠城しとる足立さん達に……

毛利さん:

「おうおう!もうな、勝負は見えてるけえのぉ……おとなしく降伏して城を開城しろ!」


と手紙を送ったそうな。。



そこで……


圧倒的に不利な足立さん達は……


足立さん:

「すんません。。相談しますんで……少しだけ時間下さいや。それと……
女子供は逃がしてやりたいんですわ~」

と返答。。。


この申し出は……

当然、受け入れられる。。


もう毛利さん達は勝った気でおるし……そういう雰囲気やったんやろな。。


勝ったあと女子供は大事な民となって年貢収めたり子供作ったり、兵士になったりするんやから……

無下にはせんわいね~。。


勝ちをほぼ確信した毛利さんは……

オラオラと勇んで三津浜に上陸したそうな。。

今の古三津あたりに陣を構えたらしい。。


余談ですが……

松前城守備隊に降伏を進める手紙を送ったと同時に……

松前のエライ人で、まあまあチカラもっとった武井宗意さんって人にも

毛利さん:

「え~、この度、松前を攻めるんやけど……あんた、加藤に味方したら……どうなるかわかっとるやろなぁ~!!」

みたいな手紙も送ったと……

調べよったら、なんかで読んだ。。


私も子供の頃、松前小学校の近くの宗意原って所に住んでたんやけど……

確かに、武井さんって人多かったな。

大きい家の人もおったなぁ~。

宗意原って地名もなんかゆかりがあるんかなぁ~。。


などと……考えてみた。。。


さあさあ……



どうなる!!




長文になったんで……



とりあえず。。。



つづく。

↑このページのトップヘ